弁護士法人 兒玉総合法律事務所

0120-709-008電話受付 平日9:00~18:00
(土曜応相談)

メールでのお問い合わせはこちら

慰謝料について

交通事故の慰謝料は3種類にわかれます

交通事故で慰謝料が発生するのは人身事故に限ります。物損では慰謝料は発生しません。
交通事故被害に遭い、怪我を負った場合は必ず「交通事故証明書」を受け取りましょう。

慰謝料の種類は以下の3つにわかれます。

(1)傷害慰謝料(入通院慰謝料)

交通事故によって怪我をし、病院に入院や通院が必要になった場合に発生する慰謝料です。
この慰謝料は、入院や通院の期間が長ければ長いほど高額になります。
また、通院よりも入院の方が高額になりやすいです。

(2)後遺障害慰謝料

交通事故で受けた怪我が、治療の結果完治せず、症状が固定されてしまい、後遺障害が残ってしまった場合に発生する慰謝料です。後遺障害には1級から14級の等級があり、1級が最も重い後遺障害になります。後遺障害の認定は時間がかかるため、示談交渉の段階で、後遺障害の可能性を見越した交渉を行う必要があります。

(3)死亡慰謝料

交通事故で死亡したことによる精神的苦痛に対する慰謝料です。
死亡した被害者には、精神的苦痛が存在したものとされ、被害者本人の慰謝料請求が認められています。
そして、この死亡慰謝料は遺族に相続されるため、遺族から慰謝料を請求することができます。

慰謝料を算出する3つの基準

慰謝料の計算方法には3つの基準が存在します。
それぞれの計算方法によって、慰謝料の金額が異なります。

(1)自賠責保険基準

自賠責保険から支払われる保険金の計算基準を、自賠責保険基準といいます。
自賠責保険は強制加入であり、最低限の保証を目的としたものなので、その賠償金額は非常に低いものとなります。

(2)任意保険基準

任意保険会社が、交通事故の被害者と示談交渉する際、用いる基準です。
この基準は、それぞれの任意保険会社によって異なりますが、概ねの相場があります。
自賠責保険の基準よりも、任意保険の慰謝料方が高額にはなりますが、弁護士・裁判所の基準よりは低額の傾向があります。

(3)弁護士基準(裁判基準)

弁護士が交通事故における慰謝料を、裁判所の判例をもとに、算出されるのが弁護士基準です。過去の判決をもとに算出しているため、その金額には正確性があります。

自賠責保険は、最低限の保証を行うことを目的としており、任意保険会社も企業である以上、できるだけ安く抑えたいという心理が発生します。
例えば、後遺症障害の慰謝料の場合、自賠責保険の金額に対し、3倍以上の慰謝料が弁護士基準の算出によって裁判所で認められるケースは少なくありません。

弁護士基準は被害者を今後、しっかり保証していくための基準で算出するため、他の2つの基準よりも高い金額となっています。

交通事故被害の慰謝料請求は弁護士にご相談ください

交通事故被害に遭い、精神的につらい状況の中で、相手方に充分な慰謝料を請求することは大きな苦労を伴います。
特に、相手が保険会社の場合、加害者を守るプロがついていますので、専門家でなければ太刀打ちできません。

兒玉総合法律事務所では、事故直後からご相談に応じています。
後遺障害が後々発生する場合、事故直後から検査をしないと適切な等級認定が得られない場合もありますので、事故直後からご相談いただくことをおすすめします。

交通事故被害という逆境の中、一人で加害者や保険会社と話し合うことは大変な苦難です。

コダマは法律の専門家として、被害者の皆様に寄り添い、適正な示談交渉を実施します。

page top